CRMテレマーケティング

「顧客との深い関係づくり」「収益の最大化」に貢献

CRMテレマーケティングとは

CRMテレマーケティングとは

弊社の提供するCRMテレマーケティングとは商品やサービスを提供する企業が顧客との間に、長期的・継続的で「親密な信頼関係」(リレーションシップ)を構築し、その価値と効果を最大化することで、顧客のベネフィットと企業のプロフィットを向上させることを目指す総合的なサービスです。

 

電話による双方向のコミュニケーションを通じて、実際の販売活動のみならず、最新のお客様情報を収集することにより、クライアント様のマーケティング・販売活動の活性化をご支援するものです。

4つの大きな特長

  • 関西最大級のコールセンター
    関西最大級のコールセンター

    全2,000席を擁し、常時1,000名以上が稼働しております。

    24時間365日対応可能なのはもちろんのこと、センターキャパシティが豊富ですので、お客様あたり最大で200席まで拡張可能です。

  • 月間400万コール
    月間400万コール

    常時1,000名体制にて、1名当り※約4,000コールを実現させております。※顧客満足度向上を念頭にし、1件1件の品質特化の為、弊社では「オートコールシステム」は使用しておりません。

  • 20項目以上のリストセグメント
    20項目以上のリストセグメント
    クライアント様のニーズに沿った情報収集を行い、受注失注分析をご報告させて頂いております。
  • 月一回以上の定例報告

    月一回以上の定例報告

    受注失注分析結果による定例報告をさせて頂き、今後のリスト運用方法を企画提案により報告させて頂きます。

CRTMは収益化の最大化にコミット

他社CRMの場合

他社CRMの場合

費用対効果が出ない

一般的なCRMではユーザリストに対して一方的なアプローチのみとなり、その反応の有無のみがフィードバックされるだけに留まります。
説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。

自社CRMの場合

自社CRMの場合
収益最大化のための万全な体制

弊社のCRMテレマーケティングは、画一的なアウトバウンドコールに終始することなく、お客様業務に精通したオペレーターがユーザと的確にコミュニケーションを図ることによって、アップセルのみならずクロスセル、リテンションと、お客様の顧客価値の最大化と維持を図ることができます。

キャンセル入電も受注に活かす、プロフィットセンター

キャンセル入電も受注に活かす、プロフィットセンター

従来のコールセンターは「事後対応志向」、「事前予防志向」とコストセンターになりがちです。
弊社のコールセンターは、上記2点に「顧客志向」「ビジネス志向」のコンタクトセンターの役割を担い、プロフィットセンターとして機能することを前提として設計されております。

CRTMが選ばれる11の理由

弊社では各種認証制度の取得、セキュリティ機器の整備など、多くのクライアント様の要求に応えられる体制を整備しております。その中の、ほんの一部をご紹介いたします。

サービスに関するよくあるご質問

弊社サービス導入の際に頂戴します、よくあるご質問とその回答を掲載しております。
お問い合わせ前にご参考ください。

Work

Work一覧へ
サービスに関するお問い合わせ
↑